ゲーマーのためのオーディオガイド

ゲームが10倍楽しくなるオーディオ機器の紹介記事を書きおろし。PCでも家庭用でも!ヘッドホン、ヘッドセット、ヘッドホンアンプ、DAC、サウンドカード、etc...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[タグ未指定]

Goldring DR150 : ヘッドセット化も可能な開放型ヘッドホン

dr150.jpg

Goldring DR150は、コストパフォーマンスの高い開放型ヘッドホンでありながら、他メーカーのマイクと組み合わせることでヘッドセット化することも可能な製品です。

詳細は続きからどうぞ。

Goldring DR150は発売当初から、価格の割にかなり音質の良い、コストパフォーマンスの高いヘッドホンとして名が知られていました。明るめの音で、開放型独特の透明感の高い中高域をしっかり持った、バランスの良いヘッドホンです。

そのDR150がゲーマーの間で話題になったのは、別メーカーのマイクと組み合わせるとヘッドセット化することが出来ることが分かったのがきっかけでした。

DR150のケーブルは着脱式になっているのですが、ヘッドホンと接続する部分の端子はステレオミニプラグになっています。そこにDHARMA POINT(ダーマポイント)社製ヘッドセットDRTCHD01BKに付属しているマイクを接続することが出来るのです。すると、音質の優れたヘッドホン部を持った、ハイレベルなヘッドセットが完成します。(DRTCHD01BKの付属マイクは、DRTCHD01MIBKという名前で単品販売もされているようです)。

ヘッドセットとして製品になっている品物の多くは、マイクにコストがかかるためヘッドホン部の質が今ひとつなのですが、このDR150を使って作るヘッドセットはそうした不満を解消してくれます。ヘッドセットで音質にこだわりたい方は、是非検討してみてください。

もちろんDR150はヘッドホン単体として見ても、とてもコストパフォーマンスの高い品物です。開放型ヘッドホンの醍醐味を十分に味わえるでしょう。。

Goldring ダイナミックオープンエア ダイナミックオープンエア DR150
Goldring ダイナミックオープンエア ダイナミックオープンエア DR150

シグマAPO DHARMAPOINT DharmaTacticalHeadset DRTCHD01BK
シグマAPO DHARMAPOINT DharmaTacticalHeadset DRTCHD01BK
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sigl

Author:sigl
FPSやRTSが好きです。


SEO

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクも募集中ですので、お気軽にどうぞ。
連絡先: siglsiglアットlive.jp

おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。