ゲーマーのためのオーディオガイド

ゲームが10倍楽しくなるオーディオ機器の紹介記事を書きおろし。PCでも家庭用でも!ヘッドホン、ヘッドセット、ヘッドホンアンプ、DAC、サウンドカード、etc...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[タグ未指定]

Creative Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro : ゲーム志向とオーディオ志向が融和したUSBサウンドデバイス

xfisur51.jpg

Creative Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro (SB-XFI-SR51P)は、ゲーム用途に優れた機能とオーディオ用途に優れた機能を兼ね備えた、非常にバランスの良い、コストパフォーマンスに優れた外付USBサウンドカードです。

詳細は続きからどうぞ。

ゲーマー向けサウンドカードとしては、長らくCreative社のSound Blasterシリーズが定番とされてきました。

その流れは今も変わっていないのですが、一方でゲームとサウンドカードを取り巻く事情は少しづつ変化してきています。Sound Blasterシリーズの大きな売りの一つは、EAXという立体音響技術(普通のヘッドホンでも、7.1chスピーカー環境のような立体的なサウンドを疑似体験出来る技術)に対応していることでした。EAX対応ゲームとSound Blasterを一緒に使うことで、リアルな3Dサウンドを体感することが出来たのです。

ところがここ数年、そのEAXに対応しているゲームそのものが非常に少なくなってしまいました。Creativeの独自規格に近いEAXよりも、よりオープンな立体音響の規格であるOpenALに各社ともシフトしています。EAXが売りになった時代は終息しつつあると言えるでしょう。

また、PCゲーマーがSound Blasterシリーズを選ぶ理由の一つとして、ゲームのサウンド処理をサウンドカードに行わせることによって、CPUにかかる負担を軽減するということがありました。しかし、近年のCPUの劇的な高速化によって、このメリットも失われつつあります。オンボードのサウンドデバイスを使っても、Sound Blasterのようなサウンドカードを使っても、ゲームの速度はあまり変わらなくなっているのが現状です。

しかしそんな今でも、Sound Blasterシリーズを選ぶ理由はあります。最大のメリットはCMSS 3Dと呼ばれる立体音響機能でしょう。これはEAXとは違い、特にゲーム側が対応していなくても、どんなゲームでもヘッドホンで立体音響を楽しむことが出来る機能です。CMSS 3Dは他社が提供している擬似立体音響と比較しても特に優れていると言われています。

また、近年注目されているSound Blasterシリーズの長所として、ステレオミックス機能が全機種共に搭載されているということが挙げられます。ステレオミックス(ステレオミキサー)とは、PCで再生されているサウンド全てをそのまま録音に回せる機能のことで、これはPCを使ってインターネット映像配信をする際に非常に役立ちます。そのため、現行のSound Blasterシリーズで最も安価なSound Blaster X-Fi Go! Pro (SB-XFI-GOP)は、ニコニコ生放送などカジュアルなインターネット配信を行いたいユーザーに大変人気があります。

----

さて、ゲーム志向とオーディオ志向を両立するという意味において、私が最もオススメする機種が、今回紹介するSound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro (SB-XFI-SR51P)になります。

X-Fi Surround 5.1 Proは、X-Fi Go! Proと同じく、USBで接続するいわゆる外付サウンドカード(USBサウンドデバイス)です。『PCIやPCI Express接続の内蔵型サウンドカードと比べると、USBサウンドデバイスは処理速度の点で不利なのではないか?』と心配される方もおられるかと思いますが、上でも述べましたように、CPUの処理速度が劇的に進歩した近年においては、サウンドカードの処理速度がゲームの処理速度に及ぼす影響はほとんどありません。X-Fi Surround 5.1 ProはCMSS 3Dなど、X-Fiシリーズが特徴としている機能をほぼ全て持っておりますので、ゲーム用途としては十分です。

またX-Fi Surround 5.1 Proはオーディオの観点から見ても、優れたサウンドデバイスです。外付けUSBサウンドデバイスには内蔵型サウンドカードと異なり、PC内部を飛び交っているノイズの影響を受けにくいというメリットがあり、音質面で有利とされています。また、X-Fi Surround 5.1 Proには、X-Fi Go! Proには無い、光デジタル出力端子が搭載されています。デジタル出力はオーディオのことを考えると必須とも言える機能で、これをDAC (Digital to Analog Converter)と呼ばれる外部機器に接続することで、圧倒的に音質の優れたオーディオ環境を構築することができます。

実は、数ある外付けUSBサウンドデバイスの中でも、デジタル出力端子とマイク入力端子を両方兼ね備えたものは非常に少なく、X-Fi Surround 5.1 Proはそのうちの一つです。マイク入力端子は近年のPCゲーミングには必須とも言えますので、これも大きなメリットです。

以上のような優れた特徴を持ちながらも、X-Fi Surround 5.1 Proはサウンドデバイスとしては安価な部類に入ります。音質にこだわりたいゲーマーにとっては、非常に魅力的な機種であると言えるでしょう。

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1Pro Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-SR51P
Sound Blaster X-Fi Surround 5.1Pro Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-SR51P

Sound Blaster X-Fi Go! Pro Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-GOP
Sound Blaster X-Fi Go! Pro Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-GOP
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sigl

Author:sigl
FPSやRTSが好きです。


SEO

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクも募集中ですので、お気軽にどうぞ。
連絡先: siglsiglアットlive.jp

おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。