ゲーマーのためのオーディオガイド

ゲームが10倍楽しくなるオーディオ機器の紹介記事を書きおろし。PCでも家庭用でも!ヘッドホン、ヘッドセット、ヘッドホンアンプ、DAC、サウンドカード、etc...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[タグ未指定]

FOSTEX HP-A3 : USBバスパワーのみで駆動可能なDAC・アンプ複合機

hpa3.jpg

FOSTEX HP-A3は、USBバスパワーのみで駆動可能な、DACとヘッドホンアンプ両方の機能を兼ね備えた、高品質なUSBサウンドデバイスです。

詳細は続きからどうぞ。

PCで少し本格的にオーディオ環境を整えようと考えたとき、最も手軽に音質向上がはかれる方法の一つは、高品質なUSBサウンドデバイスを導入することでしょう。

多くのPCで使用されているオンボードサウンドデバイスや内蔵サウンドカードには、どうしても電源のパワーや部品を乗せる場所の広さに制限があり、またPC内部を飛び交っているノイズの影響を受けてしまうため、音質はそこそこになってしまうことが多くなります。そこで音を処理する機器をPCの外に出してやることで、そういった制約を取り除いてやるというわけです。その方法の一つが、外付けのUSBサウンドデバイスを使用することです。

今回紹介するUSBサウンドデバイスは、FOSTEX HP-A3です。FOSTEXというメーカー名には聞き覚えのない方も多いかと思いますが、FOSTEXは老舗の国産オーディオ機器メーカーで、主に業務用の分野で名前が知られていました。ここ最近は一般ユーザー向け製品の開発にも力を入れており、HP-A3はそんなFOSTEXから2010年に発売されたものです。

HP-A3はDACとヘッドホンアンプの複合機です。DACとは、PCから伝えられたデジタル信号をアナログ信号に変換する装置。ヘッドホンアンプはそのDACから受け取ったアナログ信号を、ヘッドホンを鳴らせるように増幅するための装置です。DACやヘッドホンアンプはそれぞれ単体の機器としても各社から販売されていますが、HP-A3のように、DACとヘッドホンアンプ両方の機能を備えた機器もあります。

さて、HP-A3の特徴の一つは、その優れた音質です。デジタルをアナログに変換するDACの心臓部には、AKM製32ビットDAC “AK4390”を採用。32ビットDACを搭載したDAC製品は、この価格帯では他にほとんどありません。またヘッドホンアンプ部には厳選された高品質なパーツを使用。老舗オーディオメーカーらしく練りこまれた回路で、極めてハイクオリティなサウンドを実現しています。

このクラスのDAC・ヘッドホンアンプの音質は、一般的なPC用サウンドカードとは一線を画します。ゲームでは、BGMはもちろん、驚くほどリアルに聞こえてくる効果音にも驚かされることでしょう。

HP-A3のもう一つの特徴は、USBバスパワーのみで動作し、また本体そのものも非常にコンパクトであることです。特にゲームに使うPCの周りは様々なデバイスでごった返していることが少なくありませんが、そういった環境に、HP-A3はスマートに収まります。特に、USBバスパワーのみで動作し追加の電源ケーブルを必要としないことは、想像以上の快適さをもたらすはずです。

注意点としましては、HP-A3のような高音質なサウンドデバイスは、ある程度以上のクラスのヘッドホンと組み合わせて初めて威力を発揮します。AKG K702クラスであれば万全です。

PCで音質にこだわりたい。その第一歩として、HP-A3と良質なヘッドホンの組み合わせは、優れた選択肢となるでしょう。

FOSTEX 32bitDAC ヘッドホンアンプ HP-A3
FOSTEX 32bitDAC ヘッドホンアンプ HP-A3
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

sigl

Author:sigl
FPSやRTSが好きです。


SEO

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクも募集中ですので、お気軽にどうぞ。
連絡先: siglsiglアットlive.jp

おすすめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。